1.28事件

かとけい暦25年 1月28日 PM7:45

歴史に残る大事件。

Y浜市T見区S入町のとある部屋にてそれは起こった。

この事件の布石は2週間前からじわじわと進行していた。



白いビニール袋に入っていたのも悪かった。

中の様子がいまいち分からなかったからだ。


部屋の端に置いていたのも悪かった。

視界に入らず忘れがちであったからだ。


部屋が片付いていなかったのも悪かった。

見落としがちだったからだ。



この日、被害者K(25歳)は近くのスーパーでかった弁当を食べていた。

彼が心配していたのは、食あたりを起こさないかどうか、という点についてだった。
(もちろん弁当に対して)

変な味がしないか細心の注意を払って食べ終わり、

ほっとしながら彼は気づいた。

だいぶ放置されているミカンがそこにあることに。

どれぐらい萎びてしまったのか。。。

とりあえず一つ取り出そうと手を突っ込んだ。




工場的に言えばKY(危険予知)が足りなかった。

持ち上げてみると、下半分が緑色になっていた。

しかもくすんだような・・・。




彼は固まった。

何が起こったのかわからない・・・。

手は依然として固まったままだったが、目は自然と袋の中をのぞいていた。


そうすると底に一つ、同じような色に染まった丸い物体があった。

驚きとともに摘み上げていたミカンを袋の中に落とした瞬間。




























ぼふっ。。。


















これが世に言う『1.28事件』

通称ミカン事件である。。。
[PR]

by shimagame | 2010-01-28 21:41 | 日々の出来事

<< ご無沙汰しております 心を鍛えたい >>